岡山のおすすめ学習塾17選!口コミで人気の学習塾を厳選しました。

学習塾があるのは受験対策のためだけじゃない!塾に通うメリットとは

公開日:2022/04/15  最終更新日:2022/03/25


今は学習塾に通っている子が大半ですが、勉強なら自宅で親の自分が見てやることもでき、通信教材などを使って自学もできると考えてはいませんか?まだ受験生ではないうえ、部活や友達との交流など中学生活を楽しんでほしいと考えているかもしれません。しかし、学習塾に通うのは、受験対策のためだけではないのです。

基礎学力が向上する

お子さんの現在の学力の状態を正確に把握していますか?小学校時代の通知表は非常にあいまいなもので、“よくできる”に〇がついていたからといって、その教科の単元をすべて理解しているとは限りません。実際に、お子さんの得意不得意がはっきりしてくるのが、中学に入学してからになります。

中学校では、毎日宿題も出るうえ、ワークなどの提出や、定期テストの後の訂正やノートの提出などもあります。毎日の授業だけで、授業内容をしっかりと理解できているのならよいのですが、中12学期になると授業の進むスピードも早くなるうえ、毎日の予習復習は欠かせなくなるようです。学習塾では、お子さんの学力に合わせて復習を中心にしたり、少し先取りして予習中心で授業を進めたりと選べるので、早い段階でお子さんの現在の基礎学力を把握できます。

躓いているところがあるなら、早い段階に学習塾でプロの講師の指導を受けることで、大きな遅れになる前に克服できるのです。通信教材は、自分ですべて理解できているときに復習として使うには非常に便利なのですが、つまずきやわからない箇所があるときは、誰かに教えてもらうのが一番の近道なのです。

苦手分野を克服できる

中学生になると、数学など理系科目が苦手、英語や国語など文系科目が苦手、とお子さんによって得意不得意分野がはっきりしてきます。中学生は部活動が忙しくて、毎日時間に追われています。数学などは、一度つまずいてわからなくなってしまうと、それから先も関連しているため、どんどんわからなくなって取り残されてしまうことになるようです。

この遅れをそのままにしていると、中学3年の受験の時期には、取り返しがつかないような事態になってしまううえ、本人にも苦手意識が根付いてしまい、学習に取り組む意欲すらなくなってしまいます。

学習塾に定期的に通うことで、講師がお子さんの理解度やつまずいている部分を早くから把握できるため、お子さんに合った指導をすることで、大きなつまずきや苦手科目になる前に、苦手分野を作らないようにし、苦手になっても克服できるのです。

学習へのモチベーションがアップする

中学生は、学校生活や部活動などで毎日忙しくて疲れ切っています。最近は、中学生でもスマートフォンでSNSを利用することが当たり前となっているので、友人同士のコミュニケーションも複雑になっています。帰宅してからも、スマホやゲームなど魅力的なものが周りにあふれているので、つい学習する時間は後回しになりがちです。

しかし、定期的に塾に通っていると、その時間は必ず塾で勉強することになるうえ、大抵の塾ではワークなどで宿題が出るので、塾に行く前に宿題をこなす必要があります。

塾に行けば、講師が学習を指導してくれるうえ、励ましてくれるうえ、親しい友人と競い合うこともできます。塾によっては、他中学の生徒も含めて、どのぐらいの成績にいるのか、順位など正確に把握しているため、客観的に自分の成績を見ることができます。少しでも上位になれるようにと学習へのモチベーションがアップすることになるのです。

勉強する習慣がつく

お子さんには毎日勉強する習慣はついていますか?小学校のときは一人で宿題をきちんとしていたから大丈夫と考えていても、中学ではそれだけでは足りません。

宿題や提出物を期限内に仕上げるのは当然のことで、それ以外に、授業の予習、復習、苦手な分野の対策、英単語を暗記するなど、毎日するべき勉強はたくさんあるのです。学習塾に通うことで、学校の宿題や提出物ができずに困っていたら、講師に助けてもらうこともできるうえ、定期的に塾で勉強することで、塾の宿題もこなさないといけません。

通信教材や映像学習などを自分できちんと計画をたてて毎日やり続けるというのは、中学生には非常に困難なことです。学習塾に通っていたら、本人の学習意欲があまりなくても毎日勉強するしかない状況になるので、自然と勉強する習慣を身に付けることができます。

将来受験するときに役立つ

現在の高校入試では、中学1年生からの内申点が大きく関係しています。昔のように、入試本番だけ高得点を取れば合格できるというのではありません。

内申点は中学1年からの成績表の合計なので、入学当初からまじめに授業を受けて、宿題やノートなどの提出物も必ずきちんと機嫌を守ってこなして、学校でよい評価を受けることが何よりも大切になります。実際、まだ受験生ではないからとのんびりと適当にやり過ごしていたら、受験生になる中学3年になって、内申点の合計点が足りなくて志望校に行けない、といった事態になりかねません。

将来、なりたい職業がある、そのためには行きたい高校がある、と自分の夢を叶えたいなら、入学した最初の段階から、成績をとりこぼさないように、きちんとした学習を積み重ねていくことが大切です。それが、将来受験するときに役立つことになるのです。

 

今回は、学習塾があるのは受験対策のためだけじゃない!塾に通うメリットについて解説しました。学習塾に通うことで、受験対策だけではないたくさんのメリットがあることがわかりました。皆さんが学習塾を選ぶ際の手助けになれば幸いです。

当サイトおすすめの学習塾はこちら

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

学習塾を選ぶ際に一番気になるのが、担当の講師の授業内容や指導方針です。集団授業形式の学習塾、個別指導の学習塾、その両方を選べる学習塾、また、学習塾の規模にもよりますが、どのタイプの学習塾にも
続きを読む
今は学習塾に通っている子が大半ですが、勉強なら自宅で親の自分が見てやることもでき、通信教材などを使って自学もできると考えてはいませんか?まだ受験生ではないうえ、部活や友達との交流など中学生活
続きを読む
ネイティブの発音を身に付けるには幼児期から英語に触れるのが大切だという考えが浸透しており、幼児クラスから通える英会話教室は以前から人気があります。小学校に入学すると、英語が必須教科になるので
続きを読む